Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved

ふところぐあい

 懐はもちろん暖かい方がよいが、ここでは文字のフトコロの話。文字の懐が見えるようになるとデザインも上手くなる、という話し。

 その昔グラフィックデザイナーは、文字を一文字ずつ描いたものである。鉛筆で、あるときは製図用のペンで、もっとさかのぼれば筆で、とにかく描いた。能率はものすごく悪かった、失敗するとその修正に膨大な時間もとられた。手仕事時代のデザイナーを象徴するような作業である。
 でも、文字のカタチは良く覚えた。描いて覚えるからそうそう簡単には忘れない。当時の非能率的な仕事も、デザイナーにとっては大切なものを教えてくれたのだ。

 文字を描く作業を独立させて「レタリング」というジャンルがあった。おもに活字書体を見習って、文字を正確に描くことである。タイポグラフィとは親戚のような関係だが、レタリングは純粋に文字のカタチを極める。
 明朝体、ゴシック体、それぞれには基本的な形の約束事がいくつもある。細かく積み重ねていくとそれだけで一冊の本が出来上がるほど。
 漢字の場合、文字を形づくる際の作法のひとつとして「永字八法」と呼ばれるものがある。もともと書道の作法である。「永」の1文字の中には、およそ漢字を構成する要素のほとんどが含まれている。それをマスターしようというものである。横棒、縦棒、右払い、左払い、、、それらを丁寧に覚える。これは良くできた作法だ。「永」をちゃんと描ければ一人前のグラフィックデザイナーになれる、とそんなに甘いものではないが、それでも、そこに含まれる「形の原理」を理解することはとても有益だ。
 英字にもさまざまな約束事がある。その字体の生まれた地域や文化、また時代背景によって、文字の形も大きく変わる。それはやはり描いて覚えるのが一番の早道である。いくら目を凝らしてみても、パソコン画面からは大雑把な違いしか分からない。

 さて、そのレタリングに強くなるにはどうすればよいか?
 答えは簡単、フトコロを見ればよいのである。もちろん、明朝体であれゴシック体であれ、文字の骨格を正しく把握する必要がある。が、その骨格も、この「フトコロ」の押さえ方で決まる。

 具体的には図の左上「あ」に破線で示したところである。このスペース=フトコロが決まれば、文字のカタチは自ずと整う。ただ、しかし、このフトコロを見るのはかなり難しい。人の目は「地」よりも「形」の方にいってしまうものである。つい「目に見える形」ばかりに気を取られ、そこにできる「空き」に目がいきにくい。この「空き」のバランスが文字のカタチを成り立たせる大事な要件なのに、なかなか見えない。
*英文の BVLGARI は、1文字ではなく単語になった場合の文字の間隔の「ふところ具合」の例。

 ではどうするか?そのバランスをどう見るか?
 ひとことでいうと「地」と「形」を反転させて見るのである。描いている最中に、文字どおり反転することはできないから、これは自分の網膜上でおこなう。なんとも、頼りない説明だが、「形」をじっと見つめ、同時に「地」を強く意識するとだんだんと見えてくる。これは、トレーニングすれば必ず出来るようになる。そうやって「地と形」の見方に慣れてくると、他の様々なこともその方法で見えてくる。図の右上は、その感覚をイメージしたもの。
 言葉を組むタイポグラフィ然り、文字関係だけでなくレイアウトも然り、である。で、この修得にはだいたい十年くらいかかる。もちろんこのセンスを先天的に持ったデザイナーもいる、これは幸せである。

 考えてみると、料理の盛りつけ、部屋のしつらえなど、この「地と形」の関係は、他の場面でもよく見られることである。文字を正確に描けて、タイポグラフィも上手くなり、デザインそのものも上達すると、必然的に料理も旨くなる!半分真実である。

 デザインの仕事にパソコンを使うようになって、文字の扱いが楽になった。入力したテキストを好みの書体に置き換えれば、キャッチフレーズもいちおうの様になる。これはグラフィックデザイナーの仕事のスタイルを革命的に変えてしまった。そんな状況の中で“レタリング”という言葉、いまは死語同然になっている。が、グラフィックデザイナーにとってはトレーニングのしがいのある宝庫である。実際に描くことで、実に多くのことを教えてくれる。さぁ、久しぶりに鉛筆を削ろう!