Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved

読めない取扱説明書

 i Pod Shuffle を購入。ついに世界7000万ユーザーの一人になった。曲のありかをさがすのに一苦労という難点はあるものの、音楽を持ち運ぶ道具という点では、現状ではひとつの究極のカタチとも思える。が、注文もある。それは“読めない取扱説明書”。

 なにしろ説明文が小さすぎて読めない。文字のサイズは、たぶん6ポイント以下ではないかと思う。もちろん製品そのものが小さいから、その梱包サイズも小さい。必然的に取扱説明書を含めて他の諸々(必要情報を一枚にまとめたクイックリファレンスなど)のサイズも小さい。この絶対的な小ささは、ある程度はいたしかたのないものと思う。

 ただ、それにしても読めないというのは問題である。ワタシは若い頃から視力には自信があり、検査でも2.0はごく自然に見えた時代もあった。しかし老眼の進行は早く、40才目前にはもうその進行が始まっていた。老眼鏡を使うようになるのは50代に入ってからだが、この老化現象?とは上手く付き合っていくしかない。あまり見栄を張らず老眼鏡をきちんと使っていけばよい。仕事でもプライベートでも、もう老眼鏡無しにはやっていけない。ま、それはそれでいい。

 問題は、老眼鏡を使っているにもかかわらず、この説明書の文字が見えにくいことである。例えば、この説明書にスペースの余裕が無いのなら仕方がないかもしれない。しかし、画像を見ても分かるように「余白」は充分にある。なぜ、このスペースをもっと上手く使わないのか?パッと見た目のレイアウトの雰囲気を優先させたのならこれはいただけない。

 それにさらに追い打ちをかけているのがライトグリーンの文字色である。これも読みにくさを助長している。世の中には、様々な視覚的ウィークポイントを持っている人々がいる。「見える人」と「見えない人」だけではないのである。実際にはその中間に、さまざまな問題を抱えている人がいる。高齢になれば、私のように老眼、あるいは高齢特有の疾病も問題になってくる。そういった視覚弱者は i Pod Shuffle なんか使わない!と Apple 社は決めつけているのだろうか?

 説明文が読めなくても、あるいは読まなくても、優れたインターフェースによって、すぐに使えるようになります。という反論もあると思う。しかし、それは問題のすり替えである。かりに文章無しでも分かるようにするなら、より完成度の高い「絵のみによる説明」が必要になる。また、人は論理的な把握によって道具を理解していくという面も併せ持っている。その際に、文字、言葉、文章はやはり重要な働きを持っている。

 私は食品のパッケージをデザインする場合に、正面のデザインと同じくらいに裏面にも注意を払う。もちろん条例や様々な規制で「最低の文字サイズ」が決まっているものもある。ただ、だからといって規制内に納まっていればよい!というものではない。
 これは、実際の店頭でもよく見かける光景だが、気になる商品を見つけた場合に、客は手にとって商品を裏返し、その表示も吟味する。子供には、出来るだけ添加物の少ないものを、さてカロリーはどれくらい? あるいは作り方は?とか、買い手のニーズは様々である。それに応えるすべての情報ではないが、それでも相当量の情報が裏面には入っている。そして、その情報は出来うる限り「読めて・分かりやすく」なければならない。だから「読めればいいだろう!」という態度でデザインするのはデザイナーの資質としては失格なのである。限られたスペース、溢れるほどの情報量を相手に、その制約の中で少しでも読みやすく分かりやすいデザインをする。これは、地味な仕事ではあるがデザイナーにとって大事な仕事なのである。

 こんなことまで考えざるを得ないほど、この i Pod Shuffleの説明書は不親切だ。いったいどういうつもりで、これほど不親切きわまりない説明書をつくったのか?そこに関わったデザイナーに理由を問いただしたい。またそのデザインを決裁した Apple社のデザインにたいしての考え方も聞いてみたい。
 そんなに目くじらを立てて追求するような問題ではないかもしれない。でも、やはりデザインは極めて社会的な行為なのである。

 最近、怒ってばかりいるなぁ・・・