Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved

見えない道具

 オートバイに乗りはじめて、もうすぐ3年。オートバイの、とくにメカニズムに関する知識は一向に増えない。はじめの一年くらいは、初心者だから仕方がないとも思っていたが、2年目も、そして今も増える兆しはない。オートバイそのもに無関心なわけではない。いいなぁ、と思うオートバイもあるし、ニューモデルが出ると感心も湧く。しかし、、、

 たぶん、若い頃、少なくとも30才代までにその世界に入っていれば、オートバイのメカニズムについても、人並みの知識や経験は深まったはずである。すべてを年齢のせいにするのはどうかと思うが、これはやはり50代も半ばを過ぎてから乗りはじめた人間の、ひとつのパターンかもしれない。もちろん、年齢に関係なくその道に精通する人もいるとは思うが。

 これは、私の場合、ことオートバイに限ったことではない。オーディオしかり、クルマもスキーも山登りも然り、である。もちろん、感心のすべてが薄れたわけではない。鳥肌が立つような録音のCDに出会ったときは、やはりオーディオのチューニングに気を使う。年に一、二度のスキー(クロスカントリー)も、板に足を乗せた瞬間に、やはりいろいろと気になることも出てくる。その都度、次こそ新しい道具を買おうとも思う。しかし、その熱意が長続きしないのである。情熱の欠如か?あるいは老化現象の始まりか?

 いま欲しいのは、限りなく後ろに隠れていてくれる道具である。オートバイなら、現地を目一杯に楽しむための「走る道具」。気持ちよく走るためのパワーその他の性能は過不足無く満たしていて、なおかつ存在を忘れられるような、そんなオートバイ。
 マリア・カラスが目の前に立っているような錯覚を覚える、そんなオーディオも欲しい。それは、しかしスピーカーもアンプもプレーヤーも、目に見えないところに隠れていて、ただトゥーランドットだけが鳴り響く、そんなシステム。

 そこに到達するまでには、莫大な授業料と時間、なにより「もっと良くしたい!」という強烈な願望が必要なのは重々承知している。はたして、自分はそういいきれるだけの没頭を経験したか?と自問もする。

 だんだんと隘路に入り込んでしまいそうだ。
現実に、走っているオートバイの挙動そのものからも多くの快感は得られる。気になって、いつかは乗ってみたいオートバイもある。オーディオにしても、良いシステムがあってこその音楽である。TANNOYをもっと鳴らしきるオーディオアンプがあれば、やはり気になるし、その性能に無関心でいられるわけはない。

 しかし、そういった我が儘をぜんぶ受け入れてくれて、とにかく、そこにあるのに見えない道具。これは、自分の経験値の限界を棚上げにした無い物ねだりか。