空間率・パッケージの話-2

 ある時代まで、土産物には上げ底が多かった。その上げ底の下はだいたいは空気である。かつて子どもに人気のあったプラスティック製の筆箱は、中が二層あるいは三層構造になっていて鉛筆類とは別にブリキ製のコンパスとかボンナイフなどを仕舞えるスペースがあった。あの「下」の隠された空間というのは、もう分かりきったものしか入っていないのに、なにやら秘密めいた空間だった。この筆箱の二層構造、カタチとしては上げ底に似ているが、子供の夢も詰まっているわけだから、ちゃんと役に立っている。ゆえに、純正上げ底ではない。純正の方は正真正銘、空気だけである。

 その空気を減らそう!ということで「空間率」という規制数値がある。商品が入った外箱の容積から、商品の容積を差し引いて残った空間の割合、要するに商品には直接には関係ない部分、これが空間率である。
        20080409_box.jpg

  仮に、サイコロ状の小箱を縦横三つずつ計9個をぴったりと併せてきちっと箱に収めると、この場合の空間率はほぼ0%となる。無駄な空間の生まれようがない。
 ただ、商品のパッケージというのはいつもいつもサイコロ状とか整然としたカタチのものばかりではない。たとえば食品のギフトセットなどでは、カニ缶のような平たい円柱状、水羊羹の缶のような円錐状、ゼリーなどの入ったプラ容器、、、そんな形態不揃い商品群を詰めることもある。
 そんなサイズも体積も違う商品を組み合わせて箱に詰め、しかも空間率を抑えるのは、なかなかタイヘンである。そのセットのメーカーも箱の製造メーカーも、最後は1%の違いに奮闘する。

 この空間率は、自治体の条例などでちゃんと数値が示されている。が、この数値が自治体によって違うのがけっこう厄介だ。たとえば東京都は20%なのに神戸市は15%、この5%の差は大きい。空間率20%であれば、見た目にも美しくセットされたものが、15%をクリアすべくあれこれやった結果、どこか無理のある詰め方になったりする。ともかく、ものづくりの現場では、空間率の数値、販売・デザインの意図、それと製造メーカーの技術、この三つのファクターがせめぎあうことになる。



 きれいに詰め合わされたギフトセット、これは日本特有の習慣とも思うけれど、そこには贈る側の気持ちや、美を求める気持ちも反映されている。無味乾燥に端からギュッギュッと詰め込めば良し、というものでもないと思う。もちろん過剰な演出は避けるべきである。ゴミの量を減らすことも必須条件である。でも、空間率を気にするあまり「間」の役割や良さが消えてしまうのも残念なことと思う。


 上げ底を掴まされて、そんな姑息なことをやっていると結局は客を失うぞ!と思いつつ、騙された気分は直ぐに忘れてしまう。そして、だれも「上げ底無し」なんて期待しなくなる。だから「上げ底は」しぶとく生き残る。この構図、なんだか選挙と政治の世界のよう。


パッケージは次の三つの要件がそろって成り立つ。
 1・包まれるもの
 2・包むもの
 3・包み方
さっぱりしているけれど、これですべて。
上げ底や空間率の話は、「3・包み方」の領域だけど、もちろん「包まれるもの=中身」の質が良いことが前提条件。これはどんな商品のパッケージでも変わらない

Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved