『UD楽』(本の紹介)

融通無碍:一定の考え方にとらわれることなく、どんな事態にもとどこおりなく対応できること。(広辞苑・第四版)
 ユニバーサルデザインとは何だろう?と考えるときに真っ先に浮かぶ言葉である。その次に浮かぶ具体的なイメージが風呂敷、そして伝統的な日本家屋。と、常々そんなことを思っていたら、本に書かれてしまった。

20080516_UD gaku.jpg

 『UD楽(ユニバーサルデザインがく)』細山雅一著・UDジャパン刊、これがその本。著者は私の長年の友人であり、そして「共用品」や「ユニバーサルデザイン」への端緒を作ってくれたありがたい人物である。先月に出版されたばかりで、まだ湯気の出ているような本です。ユニバーサルデザインってなに?と関心のある方はご一読を。

 ユニバーサルデザインにかかわる人、必読の書
 日本文化の心と技が、世界を拓く
 超高齢社会でも心地よく、楽しい暮らしを創る
 (これは版元のPR文)

 重要なのは、技術を正しく生かす「ユニバーサルデザインの心」なのではないでしょうか。人に向けられた温かい心と日本の誇る技術が相まって、世界をリードする「ユニバーサルデザイン社会」が築けるのだと感じています。
(こちらは本文より)

・出版元
http://www.ud-japan.com/book/ud_gaku.html

・著者のブログ
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/shshg516/comment/20080402/1207097912#comment

Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved