赤福餅の表示問題。

 赤福の不祥事が連日、報道されている。今日は成分表示の順番を偽っていたことが報じられていた。本来、重い順に並べるはずのところを、たとえば、
 「赤福餅」の原材料表示についても「砂糖、餅米、小豆」の
 順に表示しなければいけないところを「小豆、餅米、砂糖」と
 表示・・・
これは、いけない。マスコミは騒ぎすぎといったいつもの声もあるけれど、やはり、これはいけない。

 気がついてみると、もう30年近くも食品メーカーの広告やパッケージを手がけてきた。意図したわけではないけれど、結果としてそうなっている。携わったパッケージデザインの数も相当になる。短い商品サイクルのなかで、ずっと変わらずに店頭に並んでいるものもある。

 箱、袋、瓶、缶、、、パッケージの主役は、どの場合も売場で見える「正面の顔」である。製品の意図をしっかりと伝え、しかもチャーミングに。そのメーカーの想いや、意気込みがいちばん現れる。小さな面、ときにはマッチ箱ほどのスペースしかないこともある。ハガキ大もあると、大きいナァと思ってしまう。とにかく箱庭のような世界に、買い手のニーズや心理、それを反映した製品開発の意図、メーカーとしての意気込み、営業戦略のポイント、ライバル社との差別化、、、といった様々な要件をぜんぶミキシングして、濾して、そして最後に残る存在理由を形にする。
 何度やっても難しく、面白い。もちろんデザインをする立場を、
ユーザーの目線に置くのは当然ではあるけれど。

 大方の場合、デザインの方向が決まると裏面の作成にかかる。これも作業としてはなかなか厄介。製品の特長、使用方法、作り方、注意事項、リサイクルマーク、バーコード、、、イヤと言うほどの要素がある。しかも入っていれば良いというものでもない。
「決まり」の大きさがある。面積が限られている場合、なまじなパズルより難しい。

 なかでも、原材料表示などを含んだいわゆる一括表示。これはパッケージの裏面の、いやパッケージ全体としても製品の命である。これなくして食品のパッケージは成立しない。

 店頭で、小さな箱を手にとって裏側をじっくりと見ている客がいる。私も未体験のモノ(食品に限らず)を手にするときは、けっこう慎重に「裏面」も読む。表の顔に一目惚れということもあるけれど、これは、まぁ、普通の感覚と思う。

 小さな子どもに食べさせても大丈夫?
 アレルギー源は入っていない?
 日持ちはする?
 夫の体脂肪率も気になる、、、
 これ、美味しそうだけどどうやって作るのかしら?

 そんな様々、生活の数だけある様々を消費者はしっかり見ている。そうやって選択する際の、最低限の手がかりが裏面の表示である。

 表の顔をどんなに着飾っても、仮に、何かのデザイン賞をとったとしても、この裏面にウソがあったら、なんの意味もない。
 今回のような事件が起きると、どうせ他のメーカーだってやっているだろう、、、と思う人がいても、これは仕方ない。現実に、今年になって次々に出てきた事件を見ていると、そう思えてしまう。

 ただ、ほんの少しだけ、その現場に近いところで仕事をしている立場としては、そんなことはない、とも言いたい。大半、いや99パーセントの企業はきちんと作っている。おめでたいと言われるかもしれないが、その最低限の約束事を守るために、やはり企業は努力をしている。

 あるメーカーの場合は、原材料表示の分析結果、もちろん重量の数字も入ったデータをきちんと知らせてくれる。実際には数字は表示しないから、順番だけでもかまわないけれど、やはり安心感はある。
 いちばん最初のオリエンテーションのときに示されることもある。これは、なにより製品の理解につながる。いっぽうで、印刷の直前になるまで、この成分表示が確定しないこともある。順番が入れ替わることもある。こういったことは、新製品開発には付き物である。

 いずれにしても、食品メーカーにとってこの成分表示は製品の生命線であり、法令や条例で決められているから入れる、というだけのものではない。様々な試行や研究、また開発メーカーとしてのプライドも何もかもがそこに表れているのである。

 しつこいようだけど、それを蔑ろにしているようなメーカーは、
ごく一部である、と思いたい。
 赤福餅は美味しい。新幹線のホームで何度も買った。そのたびに、こんな生菓子をよくこれほど多くの店舗に配荷できるもの、と関心もした。考えてみれば、無理な話だったのだ。
 この美味しさを味わうためには
 冷凍保存、そして材料にもたっぷりと砂糖を使っています。
と正直に、なぜ言えなかったのか。。。

Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved