Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved

手を使おう

 レイアウトがなかなか決まらない。基本的な構造に間違いはない、写真も商品名も社名もしかるべきところに納まっている。しかし、キャッチフレーズだけが、もうひとつしっくりとした位置、大きさに落ち着かない。



 ふと、付箋紙に書いたメモをペタッと貼ったようにしては?と思いつく。A4サイズのコピー用紙に4Bの鉛筆でフレーズを書き、カッターで切り抜く。付箋紙のように長方形がよいか、それとも他のカタチ?と思案しながら、ひとまずは長方形に切り、途中までできているレイアウトのプリントの上に置く。紙片を指先で動かすうちに、モニター上ではなかなか落ち着かなかった位置と大きさがスーッと決まってくる。
 なんともシンプルな作業である。でも、鉛筆でフレーズを書くときの文字の大きさ・太さ・行間、さらにカッターで切り抜くときの形の決め方、そんな些細なことに多くの「決め」が働く。もちろん紙片もバランスを見極めながら動かす。「決まった位置」に来れば指が自然に止まる。大袈裟に言えば、デザイン仕事でいちばん肝心な知恵やセンスがそこに集約されている。

 コンピュータでこの作業をすると、文字の大きさも太さも、そして“付箋紙のようなカタチ”も想定をはみ出すことがない。置く位置も任意に動かせるようでありながら、決してある種の枠の外にまでは広がらない。
 “なんとなく長方形?”ではなく、キチンとした長方形の指示をコンピューターは要求する。フリーな線で不定形を描けば済むではないか?という見方もあると思うが、それは違う。そこには不定形を作ろうという指示あるいは意図が前もってあるのだ。手書きの作業は、4つの直角をもつ長方形を描こうとしても不定形になってしまうかもしれない。しかし、その曖昧で中途半端な境目にこそ、ひょっとすると発見の芽が潜んでいるかもしれない。
 長方形ではなく正方形?いや台形?ひょっとすると円か?と切り抜く途中で考えることもできる。切り抜く前は思いつかなかったカタチが見つかる可能性を“手書きの作業”は秘めている。

 コンピューターのグラフィックソフトは、まだまだ人の手を超えられない。というよりはそもそも目的が違うのだ。いまのところは。
 デザインとは“発見”の連続である。その発見をなによりも大切にするならば、手書きのようなアナログ的作法の優位をもっと活かすべきである。コンピューターは効率よく定着作業をやってくれればよい、クラッシュせずに。

 レイアウトに詰まったら、コンピューターの電源を切ろう。そして、もっと手を使おう。その前に屋外へ出て新鮮な空気を吸ってみよう。新しい知恵が浮かんでくるかもしれない。