Copyright 2008, Eguchi Istituto di DESIGN Inc. All Rights Reserved

イヤフォンの左右問題

 気持ちよく使っている i Pod Shuffle だが、イヤフォンの「L」「R」の表示の見えにくさには、いつもイライラする。
 この表示は、もう少し見やすく分かりやすくすべきである。白い本体に淡いグレーの細い書体では、視力に問題があると見えにくい。最低限、濃いめの色あるいは左右で色を変えるなどの工夫をすべきだろう。



 さらに言えば、この表示では目の不自由な人にはまったく判別のしようがない。もっとも、これは他の製品でも事情は変わらないだろう。およそヘッドフォンなどの左右表示は、あくまでも「見える人」を対象としている。たとえば全盲の人など、いったいどうやって識別しているのだろう?この問題はたとえ「見やすい表示」にしても解決にはならない。(たぶん探せば、そういった配慮がされている製品もあるとは思うが)
 適当に耳に付けて、ファーストヴァイオリンの音が右から聞こえて初めて間違いに気付くというのは、なんともスマートではない。(通常のオーケストラ配置ではファーストバイオリンは向かって左側に位置する)

 シャンプーとリンスの容器を区別するため、今ではおおかたのシャンプーボトルにギザギザがついている。シャンプーの時は健常者でも目をつぶることが多い。そこで無用な間違いを避けるための“触っただけで分かる”工夫である。障害者に優しいデザインは健常者にも優しいのである。

 さてイヤフォンの左右識別、できればこのシャンプーボトルのように左右どちらかに小さなポッチを付ければ済む。触っただけでおっコレは左だ、と分かるようにすればよいのである。暗いところでも手探りでも間違えなくなる。もちろん、その突起を作るためには、新たに成型用の型を起こすといったコストがかかる。できればメーカー努力で吸収してもらいたいが、仮にいくらかの価格アップになっても、それが正統な理由ならば、受け入れられるだろう。

 ついでに書くと、本体底にある二つのスイッチも判別しにくい。ひとつは電源のオンオフ用、もう片方は通常の演奏とシャッフル演奏の切替用。これがどちらも同じ大きさのため、また対称関係に配置されているため、間違えやすい。これも、工夫次第でもっと使いやすくなるはずである。以前の記事で書いた i Pod Shuffle の「読めない説明書」と合わせて解決すべき点と思う。

 アップル社は、かつてコンピューターの世界にGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)という素晴らしい概念を持ち込んだ。その革新があったからこその今日のパソコンである。そこには少しでも分かりやすいインターフェース作りの理想があったはずである。その良き伝統を今の製品にも可能な限り反映すべきと思う。

 i Pod 製品群の本体は黄金比をベースにデザインされている(Shuffle は微妙に違うようだが)。見た目や、持った手応えといったものはかなり完成度が高い。それと、Shuffle の円形操作ボタンも、それなりに練られたデザインだ。
 だからこそ、もっと細かいところにまで配慮の行き届いたデザインをして欲しいと思う。そういった姿勢から生まれた製品は、企業にとっても大きなデザイン資産になるし、なにより視覚障害者にも利用者が増えれば、売上げももっと伸びるだろう。

*この写真を撮ったあとに、「L」の方にサインペンでラインを描いた。格好は良くないが、分からなくてイライラするよりはマシである